2016年06月22日

マッチラウンジを使っているのはどんな人達?

ワンランク上の婚活アプリ「マッチラウンジ」は国内初の既存会員による入会審査制を採用していますが、審査通過率30%という狭き門を突破したのはどういった方々なのか、今回は実際のユーザーデータをもとに一部ご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
36431view
  • ワンランク上の婚活アプリ「マッチラウンジ」は国内初の既存会員による入会審査制を採用していますが、審査通過率30%という狭き門を突破したのはどういった方々なのか、今回は実際のユーザーデータをもとに一部ご紹介します。
  • 男女比はほぼ1対1、年齢層は結婚を意識しはじめる25〜34歳が中心
  • 世界的に見ても、一般的なマッチングアプリは男女比が6:4〜7:3であると言われていますが、マッチラウンジは男女比が1:1と非常にバランスがとれた状態となっています。
    年齢層を見ると、結婚を意識しはじめるタイミングである25〜29歳が男女ともに最も多く、30〜34歳がそれに続きます。
  • 男性会員の36%が年収1000万円以上
  • 国税庁の発表によると日本人男性の平均年収は約500万円(全世代平均)という現代において、マッチラウンジ男性会員の96%はその平均を超える500万円以上、そして1000万円を超える人は36%と、平均を大きく上回る方々が多数登録されています。

    男性会員の職業を見ると、会社経営者・役員、そして上場企業勤務の方などが多数見られるため、精力的にお仕事をされていて、異性と出会う時間がなかなか取れないといった方に多くご利用いただいているのではないかと推測されます。
  • 男性会員の91%は大学・大学院を卒業
  • 文部科学省の発表を見ると、大学・短期大学への進学率はここ10年間だいたい55%前後で推移している中、マッチラウンジ男性会員の91%は大学・大学院を卒業されています。学業に励んでこられたという努力の実績は、その後のお仕事と同様に、男性の魅力の1つになるのかもしれません。



  • マッチラウンジでは魅力的な男女のための出会いの場を提供します
  • マッチラウンジは、魅力ある独身男女がスキマ時間で価値観の合う最高の結婚相手と出逢うための「上質な出会いの場」を提供致します。
    カップルは20万組を突破。現在は医者、経営者、国家公務員、大手企業の管理職の方など、経済的に余裕がある男性や、社会的に自立している女性に広く利用されています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
マッチラウンジの最新情報をお届けします。
Facebookでシェア
ツイートする
はてなブックマークする

関連トピックス

© Matchalarm Inc.